12月カレンダーFC2用
☆4月8日の『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』放送あり!観るべし!! みすずりんりん放送局 - は行の映画
 

みすずりんりん放送局

ジョニー&ラミン&ジェイクが好き♪映画レビューはコネタバレあるかも^^(コメント欄は要注意!)写真を撮るのも大好きです♪
 
 
最近のコメント
ゆっくりしていってね♪
現在の閲覧者数:
ツイッター
ツイッター始めました! フォローよろしくです♪
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
掲示板♪
みんな、おいでよ!!掲示板♪ 設置しました~^^
赤いお屋根のお家マークをクリックすると、ホワイトジョニーが あなたをお待ちしております♪ マークが見えない時は、バーを降ろしてね^^
カテゴリー
♪いらっしゃいませ
あなたはこのブログに、
番目に来てくださったお客様です♪
アルバム
お気に入りリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューゴの不思議な発明(3D字幕版) 

 『ヒューゴの不思議な発明(3D字幕版)』を観た。
ヒューゴの不思議な発明チラシ
 【あらすじ】
 1930年代のパリ。
 駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。
 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。やがてヒューゴは、機械人形にはそれぞれの人生ばかりか、世界の運命すらも変化させてしまう秘密があることに気付き……。(シネマトゥディより)

 【まめ知識】
 オスカー受賞作『ディパーテッド』など数々の傑作で知られる世界的巨匠、マーティン・スコセッシ監督が初めて3Dでの撮影に挑んだ本格ファンタジー。世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの小説を原作に、父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の冒険を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース・モレッツ。共演にはジュード・ロウ、『ブルーノ』のサシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレーら豪華な顔ぶれがそろう。(シネマトゥディより)

 世界は幸せにあふれている 必要なのはちょっとした修理だけ

 2011年 アメリカ 126分 原題: HUGO




 続きはこちらから→ 『ヒューゴの不思議な発明(3D字幕版)』


 コメントはgooブログ『みすずりんりん放送局』の方へ入れてくださいね♪


  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、たまに更新中♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

 下のジョニーをクリックしてくれてもランキングに行くようにしました~♪

ランキングポチ用

ブログランキング用

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ペントハウス 

 『ペントハウス』を観た。
ペントハウスチラシ
 【あらすじ】
 マンハッタンの一等地に建つ超高級マンション「ザ・タワー」の最上階に暮らす大富豪ショウ(アラン・アルダ)が、ある日20億ドルの詐欺容疑で逮捕される。
 それを機に、管理人ジョシュ(ベン・スティラー)をはじめタワーの使用人たちの全財産もだまし取られていたことが発覚。自分たちの財産を取り戻すべく、ジョシュはペントハウスに忍び込んでショウの隠し財産を奪う計画を練るが。(シネマトゥディより)


 【まめ知識】
 世界的な人気を誇るコメディー俳優、ベン・スティラーとエディ・マーフィが初めて共演を果たしたクライム・アクション。
 ニューヨーク・マンハッタンの超高級マンション「ザ・タワー」を舞台に、最上階のペントハウスに住む大富豪に全財産をだまし取られたタワーの使用人たちの奪還作戦を描く。
 監督は、『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナー。
 共演には『ジェシー・ジェームズの暗殺』のケイシー・アフレック、『アビエイター』のアラン・アルダら実力派が顔をそろえる。(シネマトゥディより)

 全財産は、最上階(ペントハウス)。

 2011年 104分 原題: TOWER HEIST




 面白いだろうと期待して見に行ってきました!
 期待したとおり、面白かったです♪
 ただ、正直ちょっと前半は退屈しちゃった。(隣の友人はまた寝てたよ^^;)
 後半のペントハウスに侵入するってあたりから、更にグングン面白くなりました

ペントハウス2
 ジョシュは豪華なタワーのマネージャー。
 てか、アメリカって豪華マンションにホテルのようなサービスがついてるんだねー!!
 知らなかった、びっくり!
 執事やメイド風な人たちや、シェフまで・・・
 管理費、バカ高いんだろうなぁ

ペントハウス (2)ペントハウス18
 それとも何かそういう特別なマンションなのかな?
 しかし、豪華でした・・・

 右はエディ・マーフィ演じるスライド。
 ジョシュの近所に住むチンピラ?

 ジョシュの助けに応じて手伝う事にするが・・・
 
 エディ・マーフィ、以前のようなまくし立てるマシンガントーク風な感じがなく、ちょっと残念。
 だけど、一癖ありそうな感じでなかなか

ペントハウス8
 最上階に住む住人ショウが自分達をだましていたと知り、ジョシュは仲間を集めて立ち上がる!!
 さてさて、ジョシュの作戦とは・・・?

 ジョシュと一緒に行動を起こす仲間に・・・
ペントハウス5
 臨時のエレベーターガール・・・じゃない、エレベーターボーイとして入ってきたエンリケ(マイケル・ペーニャ)。

ペントハウス6
 チャーリー(ケイシー・アフレック)はジョシュの妹と結婚しているらしく、もうすぐお父さんになる予定。
 おどおどしながらもジョシュに協力しようとするものの、風向きが変わって・・・

 彼はベン・アフレックの実弟なんですねー 
 ヘチマ顔のベンと違って、弟は顔が丸風!

ペントハウス7
 マンションの住人Mr.フィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)。
 彼も問題を抱えており、ジョシュの仲間に・・・

 積極的に仲間になったけど、彼の行動は笑えたわー^^
 でも、「あれ」を引き込むには・・・ひとりじゃ無理でしょ^^;
 
ペントハウス4
 紅一点のオデッサ(ガボレイ・シディベ)。
 いわゆるグリーンカードが欲しい・・・と思ってる^^;
 手先が器用な女子だったのね♪

 そういえば、『プレシャス』って観てないわ

ペントハウス12
 仲間じゃないけど、FBI捜査官クレア(ティア・レオーニ)。
 ジョシュと意気投合?

 彼女観たことある~~!!てずっと思ってたんだけど、『ジュラシックパーク3』の母親役や『ディープ・インパクト』で父親とすれ違ってる女性の役だった人だ!って帰ってわかった。
 どちらも好きな映画です♪

ペントハウス19
 高層マンションでのアクションは、その前に『ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル』を観てるから、ほぉ~て感じ^^;
 しかし、実際部屋に入れるのは無理じゃないかい?

ペントハウスペントハウス10
 偵察・計画していく過程が面白かったな~♪
 『感謝祭』も見れたし!スヌーピー作戦って^^うまくいかないでしょ?って普通思うよねぇ
 スポンジボブやシュレックのフワフワ人形も楽しかったわ

 ラストも意外とシュールでびっくり!
 でも、その中に痛快さがあって良かったです♪

 では、予告編をどうぞ~




  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、たまに更新中♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

 下のジョニーをクリックしてくれてもランキングに行くようにしました~♪

ランキングポチ用

ブログランキング用

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 

人気ブログランキングへ

ハリー・ポッター死の秘宝 PART 2 

 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』を観た。
ハリポタ死の秘宝2チラシハリポタ死の秘宝2チラシ2
 【ストーリー】
 ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。
 それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。
 だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく……。(yahoo映画より)

 【まめ知識】
 ・K・ローリング原作のベストセラー・ファンタジー小説を映画化し、世界的大ヒットを飛ばした映画版最終章。
 主人公ハリーと宿敵ヴォルデモート卿の本格的決戦により、魔法界全体を二分する戦いの火ぶたが切って落とされる。
 前作同様監督はデヴィッド・イェーツが務め、今回も主演のダニエル・ラドクリフをはじめおなじみのキャストが集結。
 フィナーレへと向けたハリー最後の冒険を描く、シリーズ初の試みとなる全編3D映像は見逃せない。

 これが、最後。

 2011年  130分 原題: HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II




 終わっちゃったーーーっ
 長かった10年、あっという間の10年!
 思えば第1弾からずっと観てきた。
 観る相手がお兄ちゃんから娘っこに変わったのが歴史を感じるわー

 娘っこの友人家族、我が家も入れて3組で鑑賞♪ 
 見たのは通常版の吹き替え。
 3Dを嫌がる子がいたので(わたしもそう^^;)、これ幸いに2Dで鑑賞してきました♪
 
ハリポタハリポタ死の秘宝2.26
 第1弾では、こ~んなに愛らしかった3人も・・・

ハリポタ死の秘宝2.28
 今では立派な大人!
 6歳だったお兄ちゃんも16歳だもんね^^;
 それを思うと、この映画って凄いと思う。

 たいていのシリーズものはだんだんと尻すぼみになったりするのに、ハリポタだけはクオリティは劣らないし、見応え感ばっちりだったし(たまに睡魔に襲われる時もあったけど^^;)。
 映画館に見に行こうと10年間足を運ばせるって・・・神!(お兄ちゃんが使うオタク言葉^^;)

ハリポタ死の秘宝2.7
 ヴォルデモードとの戦いも佳境に!
 
 そんな中でハリーが知った新たな真実と背負わされた運命とは・・・
 果たして勝のはハリーかヴォルデモートか?

 全ての謎が明らかになる今作。

 もう号泣!!
 その理由は下の【続き→】をクリックしてください。
 書いてます。

 涙が止まりませんでした・・・

ハリポタ死の秘宝2.11
 ハリーの次に大活躍だったのは、ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)だと言っても過言ではないのでは?
 賢者の石の時から登場して、可愛いぽっちゃりとした体型だったのが、回を追うごとに背がぐんぐん伸びて^^;
 おどおどした性格であるけれど、いざとなると勇気を振り絞って行動出来る♪
 ラスト近く、とってもかっこよかったです

ハリポタ死の秘宝2.13ハリポタ死の秘宝2.10

 ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)の取り巻きさんは、向かって左の人は今での人だったけど・・・右もそう?
 大きくなってわからないわ・・・
 
 ドラコも可愛そうな子だよねぇ・・・逆に取り巻きの方が強気だったりして・・・
 ドラコのママが、意外と良かった♪結局は自分の子供が一番なのよね、当たり前!

ハリポタ死の秘宝2.14
 茶目っ気あるロンの双子のお兄さんも好きだったわ♪
 まさかの?でしたけど・・・

 こちらも意外にママが凄かった!まさか・・・ねぇ・・・あっぱれ!!
    
ハリポタ死の秘宝2.15
 ミネルバ・マクゴナガル先生(マギー・スミス)も好きなキャラでした♪
 本格的な魔法を使うシーンはかっこよかったし・・・その時のお言葉もうんうん、出来ない事はしてみたいものだ!

ハリポタ死の秘宝2.18
 あまりの美しさに載せてみた、ヘレナ・ボナム=カーター演じるべラトリックス・レストレンジ(の、ポスター)
 
 ヘレナ、最高!
 物語の序盤、ハーマイオニーがベラトリックスに変化するシーンがあるんだけど、目つきも態度も可愛らしい10代の女の子だったよ~♪
 うまいな~、さすが!!
 このシーンは必見だわよ。

 これでラストだから、登場人物もまた総動員!
 ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)も、ハリーの両親も、そして、シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)も登場でテンションあがりました

 第1作目ではほのぼのファンタジーの完全子供向けだと思っていたのが、ここまで悲しく犠牲の多いダークファンタジーになるなんて思いもしませんでした
 娘っこが1.2年生の頃は「怖いから見に行かない」って言ってたもんなぁ・・・それが進んで行きたいと言いだして・・・
 成長だわ、娘も

 愛と友情と勇気に満ち、時には泣き、笑って、ワクワクする気持ちにさせてくれたハリポタ。
 魔法という子供の頃誰もが憧れる世界を堪能させて貰いました♪

 終わってしまったのが寂しくも残念だけど、綺麗にすっきり終わらせてくれて良かった♪
 2時間10分ぐらいあるけど、あっという間に終わってしまった印象です。
 
 見て良かった♪
 ありがとう、ハリポタ!!
 超楽しかったーーーっ

 まだの方は是非見ましょう!(押しつけ^^;)

 鑑賞した方、もしくはネタばれ大丈夫な方は下の【続き→】をクリックしてね
 予告の下です!


 では、予告編をどうぞ~


 
続き →

プリンセス トヨトミ 

 『プリンセス トヨトミ』を観た。
プリンセストヨトミチラシ
 【ストーリー】
 7月18日金曜日、午前4時。大阪が全停止した。
 遡ること4日前の月曜日。
 東京から大阪に3人の会計検査調査官がやってきた。税金の無駄遣いを許さず、調査対象を徹底的に追い詰める【鬼の松平】として怖れられている、松平元(堤真一)、その部下で天性の勘で大きな仕事をやってのけ【ミラクル鳥居】と呼ばれている鳥居忠子(綾瀬はるか)、日仏のハーフでクールな新人エリート調査官旭ゲーンズブール(岡田将生)。
 3人は順調に大阪での実地調査を進め、次の調査対象の空堀商店街内にある【OJO(大阪城址整備機構)】に不審な点を感じる・・・

 【豆知識】
 会計検査院とは・・・
 国家予算が正しく使われているかを調査する機関。行政・立法・司法の三権のいずれにも属さず、あらゆる国家権力の影響から超然としてたたずむ独立機関である。
 調査対象は各省庁から国会、裁判所、助成金を受けている地方団体にまで及び、その数3万超。
 調査官たちが書面検査と実地検査によって調査を行い、不適切と判断されると、調査報告を公表され改善処置を要求される。
 ただし、強制捜査の権限は持たない。

 原作:万城目学「プリンセス・トヨトミ」
 監督:鈴木雅之

 大阪全停止。
 その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。


 2011年 日本 119分





 観てきました♪
 確かに、大阪は全停止してました
 だけど、綾瀬はるかの胸の揺れは停止どころか絶好調でした
 全体的にファンタジーていうか、おとぎ話。
 そういうの好きだから内容も楽しく鑑賞出来たけど、何が一番印象に残ってるかと言うと、大阪城が赤く燃え上がるシーンより、綾瀬はるかさんのゆっさゆっさと重そうに揺れる胸に釘付けで 
 女のわたしたち(友人も含めて)がそうだったんだから、男性群には、嬉しいサービスシーンだったのではないでしょうか・・・しかも、一番最初と終盤という、2度も見れる嬉しさ・・・かな?
 てことで、これまた詳しく書いちゃうと完璧にネタバレになっちゃうから、さらら~と行きましょう♪
 予告もかなりネタバレだよね^^;


プリンセストヨトミ1
 松平のうつむきシーンから始まる映画。
 このシーンも後のシーンの伏線?彼は携帯を忘れる質なのだ。

 未だに覚えられない役名の岡田君♪
 【オトメン】の時からのファンです
 目線とか上手だと思うのよね。
 実は彼には密かに思うことがあって・・・

 おとぼけキャラの鳥居忠子を演じる綾瀬はるかさん♪
 可愛いよね!
 しかも大食いってキャラもお似合い
 たこ焼き落として下を見た時、松平を感じたりしたんだろうか・・・

プリンセストヨトミ3プリンセストヨトミ4
 内容は最初は淡々と進んでいくだけ・・・
 でも、松平と鳥居と旭の会話ややり取りが面白くって
 ずっと笑ってました♪

 予告でもある大阪城が赤くなるシーンですが・・・
 ここへの持って行き方がちょっと強引かなって

プリンセストヨトミ2
 中井貴一さん演じるお好み焼き屋のおやじ、真田幸一。予告でも言ってるから書いちゃうけど、大阪国の総理大臣なんだよね。
 で、総理大臣があんな「さらわれた~~」っていう、又聞きの情報で、情報元の信憑性を確かめもせずに、立ち上がりますかね
 見守っていたのなら、どうしてそういう事になったか、見守っていた人もわかりそうなものですが・・・

 ここまでは非常に面白くってワクワクしてたのに、大阪城が赤くなるところから、ちょっとテンション落ちちゃった

 の間はネタバレ。読みたい方だけマウスを左クリックしたままなぞってね。

 それに、あの発砲の犯人は結局わからず仕舞いだし・・・いいのか?
 まぁ、後ろ向きに大げさに倒れた割には、たいした怪我でもなかったみたいだけど・・・





 出演者みんなが演技派で、それぞれが見せてくれるからそれで面白かったと言っても良いかな?って感じの映画でした♪
 特に堤さんと中井さんは良かったな~♪
 ちょこっと出の平田満さんがまた良くってね号泣してしまいました

 その見せてくれるその他の出演者の方々は・・・

プリンセストヨトミ6 (3)
 【OJO】の責任者の長曽我部役笹野高史さん。
 のらりくらりと松平の追求をかわすのうまいなー^^
 
プリンセストヨトミ6 (4)
 真田の妻の真田竹子役で和久井映見さん。
 包み込むって感じのソフトな役がぴったり♪

プリンセストヨトミ6 (6)
 真田家の一人息子の真田大輔役森永悠希くん。
 とってもかわゆいんですけど~♪何故セーラー服を着てるかは映画で確かめて 
 一生懸命な姿が良かった!演技も上手ね

プリンセストヨトミ6 (2)
 大輔の幼なじみで橋場茶子役の沢木ルカさん。
 男前な性格で、悪ガキも跳び蹴りで倒しちゃうおてんばぶりだけど、自分の心に真っ正直なのね♪
 
 観ている最中、どこかで観たことある~~ってずっと思っていたんだけど、【新参者】っていう阿部寛のドラマで鯛焼き屋の看板娘(?)で出てましたわ♪(再放送観てわかった)

プリンセストヨトミ6 (5)
 考古学者(歴史家だったかな?)で出演の江守徹さん。
 豊臣の末裔が存在するっていう説を唱えて研究してるみたいだけど・・・
 彼は大阪国の存在を知らなかったのかな?ただ、研究してるだけの人?ちょっとわからなかったなー。

 他には・・・チラシにも予告にも出てこないから書かないけど・・・
 たぶん【鹿男あをによし】の縁での出演だったのかしらん♪
 ニマニマ笑っちゃった
 わたし、ファンだし

 ラストもちょっと意外で驚いちゃった。そうか、そうだったのか~ってね

 もしかして、続編もありだったりする?
 富士山の麓の謎の・・・ってか。
 3人の絡みが楽しかったから、あるならきっとまた見に行っちゃうかな♪

 では、予告編をどうぞ~



  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、たまに更新中♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

 下のジョニーをクリックしてくれてもランキングに行くようにしました~♪

ランキングポチ用

ブログランキング用

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 

人気ブログランキングへ

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 

 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』を観た。
パイレーツ4チラシ2パイレーツ4チラシ
 【ストーリー】
 史上最恐の海賊・黒ひげことエドワード・ティーチ(イアン・マクシェーン)が【生命の泉】を狙い動き出した時、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の前に、かつて愛した女海賊・アンジェリカ(ペネロペ・クルス)が現れ、彼を呪われた航海へと誘う。
 時同じくして、ジャックの相棒ギブス(ケヴィン・R・マクナリー)の前に現れたのは、不滅の海賊魂を持つ男バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)。
 だが、スペイン王に対抗して【生命の泉】を探す英国王の忠誠を誓い、今や英国海軍将校に。
 黒ひげ・アンジェリカ・バルボッサ-史上最強の海賊たちが、禁断の宝を求めて動き出す。
 泉への地図を持つのは、ジャック・スパロウただひとり。
 永遠の生命を手に入れるのは誰なのか・・・波乱の航海の幕が開ける。

 【豆知識】
 敵か味方か、ジャックがかつて愛した女海賊-アンジェリカ役には、アカデミー賞に輝くスター女優、ペネロペ・クルス。
 実在した伝説の海賊・黒ひげ役には、英国俳優イアン・マクシェーン。
 そして、バルボッサ役には『英国王のスピーチ』でもノミネートされたアカデミー俳優、ジェフリー・ラッシュとおなじみの顔ぶれも揃い本作を盛り上げる。
 また、伝説の泉の鍵を握る【人魚】シレーナ役に、注目のフランス人女優、アストリッド・ペルジェ=フリスペ。
 彼女と決して叶うはずのない恋に落ちる宣教師フィリップ役には、新鋭サム・クラフリンと、フレッシュな2人がシリーズに爽やかな新風を吹き込む。
 さらに、アカデミー賞作品賞に輝く『シカゴ』の監督ロブ・マーシャルが本作から新たにメガホンをとり、そのスタイリッシュな映像センスが『パイレーツ』の新しい地平を切り開く。
 

 その泉をみつけし者は、【永遠】を手に入れる。  

 2011年 アメリカ 141分 原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES





 やっと公開されたパイレーツ!
 新たな3部作の1作目!
 あのお馴染みの音楽を聴くと、血が沸き身が踊るわ~
 
 20日の公開初日に友人2人と一緒に2D字幕版で鑑賞♪
 21日の土曜日に娘っこと前売券使って3D吹替版にて鑑賞♪
 面白かったとわたしも友人も娘っこも満足

パイレーツ生命12パイレーツ生命27
 相変わらずジャックは魅力的でかっこいい
 ジャックの姿が見れただけで幸せ、最高
 萌えシーンも書きたいけど、書き出すと止まらないから、今回は感想のみにしときます
 
 だけど、ストーリーは思ったほどではなく、普通だったね
 もうちょっとひねりが欲しかったかも・・・あっさりしすぎているというか・・・インパクトが足りないというか・・・
 時々、ん??って思われるところが、ちらちらと^^;
 2D字幕版で鑑賞した時は中弛み感は否めなかったが、3D吹き替え版だとそれをそんなに感じなかったんだよね。
 2回目だからかな?
 パイレーツもするめ方式?噛めば噛むほど、観れば観るほど面白くなる?てか。
 字幕だと字数制限で内容が簡単になるからかしらん。吹き替えの方が内容がよりわかりやすかったりするもんね!
 
 だけど、どうしても『パイレーツ』の前3部作は越えないわね

  
パイレーツ生命28パイレーツ生命10
 ジャックと言えばギブスくん♪
 やはり欠かせないでしょう。
 彼の登場の仕方も、今回のジャックの登場の仕方もなかなか良かったわ♪
 ジョニー、ちょっと太め
 太股がパンパンだったりして・・・ 
 でも、大丈夫、ギブスくんも太いから気にならないわ(←じゃあ、言うなだね^^;)

 ギブス役のケヴィンさんもあまり年とらないね
 
 ジャックとギブスのやり取りは健在で嬉しい♪
 ギブスのやれやれ┐(´-`)┌ って感じが好きだ

 ジャックの活躍のシーンは『呪われた~』を彷彿させるシーンがあったね♪
 ローブぐるぐるとか、空をびよ~んとか・・・
 顔がニマニマしてしまった。

パイレーツ生命18パイレーツ生命19
 太りまくりで、ちょっとお茶目なイギリス国王。
 命令されて従うなんて、そんなこと出来るはずがないのがキャプテン・ジャック・スパロウだもんね!
 
パイレーツ生命21
 妙な化粧顔のバルボッサと意外な再会をしたものの、早々にその場から立ち去る。てか、逃げる?

 バルボッサ、超かっけ~
 男気を見せてくれましたまさに海賊の魂!!
 『ワールドエンド』の時も豪快な笑いで舵を操り、海賊バルボッサの生き様を見せてくれましたが、今回はかなりかっこよかったです♪
 
 ジェフリー・ラッシュ、『英国王のスピーチ』の時も素晴らしかったが、こちらでも
 

 パイレーツ生命13
 女海賊アンジェリカ。
 どうやらジャックと昔いい仲だったらしいが・・・ラストにかなり衝撃的な言葉を発していたけど、その真意はいかに?

 ペネロペ超可愛い
 ジャック・スパロウの扮装も似合ってて可愛いらしかったわ
  元恋人だとは知っていたけど、アンジェリカとジャックの関係にドキドキ^^;
 特に台詞が・・・
 字幕版では剣を向けられたアンジェリカが「あなたはいつもとがった物でわたしを突くのね」っていう台詞があってびっくり!!
 かなりきわどい台詞があったように思うけど、吹き替え版ではそういうの感じなかったわ~。
 やっぱ子供も観るもんね^^;
 娘っこと一緒に観てる時、そのシーンが近づくと違う意味でドキドキしたけど、別の言い方になっていてちょっと安心^^;

パイレーツ生命3
 最強で最恐の海賊黒ひげ。
 【アン王女の復讐号】を操り彼の目指すものは・・・?

 う~ん、せっかくの良いキャラなのに、あんまり恐くなかったね。
 【呪われた~】の時のバルボッサやディヴィ・ジョーンズみたいな強烈なパンチがないんだよね。
 もっともっと最悪で最恐が良かったな♪

パイレーツ生命23 (2)パイレーツ生命5
 宣教師のフィリップ(サム・クラフリン)と人魚のシレーナ(アストリッド・ペルジェ=フリスペ)
 
 彼らは・・・必要だったでしょうか・・・
 人魚はまだ良いとして、その禁断の恋って。
 エリザベスとウィルも禁断の恋ぽい感じだったので、そちらを意識して?
 フリップがウィルほど印象深くもなく・・・う~ん、イケメン度がイマイチだからかな?(失礼^^;)
 彼らもその後が気になります・・・次回作にも登場するのかな?

パイレーツ生命26
 どちらかと言うと、こちらの人魚のタマラ(ジェマ・ウォード)の方が良かった気がする~^^;
 断然こちらの方が美しいと思うんだけど・・・パンフレットに載って名があるぐらいだから、次回作にも登場するのかしらん。

パイレーツ生命15パイレーツ生命2
 ゾンビも出てます♪

パイレーツ生命7パイレーツ生命20
 わたし的にはバルボッサとジャックとの絡みのシーンが一番好き!
 一番パイレーツらしさを感じたというか・・・
 キブス&ジャックのように、お約束な笑い&行動があるからかな。
 
 あ、そうそう♪
 バルボッサの後ろに控えていた二人のうちの片方さん。
 以前ベケット卿(トム・ホランダー)の後ろに控えていた人じゃないかい?
 ノリントンに仕えていた時もあって、「最高の海賊だ」って言った人じゃ?
 あの時、ベケット卿をほっといて逃げたのね~♪でも、今回では良い仕事したんじゃないかな?


 ジュディ・デンチが出てたの、笑ったわー
 一瞬だけだったけど、友情出演かしらん。ああ、わたしも耳噛んで(爆)
 豪華な脇役だわね

 前のブラック・パール号の乗組員さんたちは、やっぱ

 なんか、つらつらつら~って、色々書いたけど、やっぱりジャック・スパロウは大好きな訳で♪
 彼の新しい冒険はこれからも見守って行きたいし、この後もどうなるかドキドキワクワク
 次なる公開を心待ちに、あと2.3回は見てきたいわね
 
 いつもエンディングの曲の途中で退席する、そこのあなた!
 エンドロール後にちょいと映像あるから、最後までお利口さんに座って観ててね♪

 パンフレットも勿論購入!
パイレーツ4パンフレット


 では、予告編をどうぞ~




  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、たまに更新中♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

 下のジョニーをクリックしてくれてもランキングに行くようにしました~♪

ランキングポチ用

ブログランキング用

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 

人気ブログランキングへ


 
最近の記事
プロフィール

みすず

Author:みすず
ジョニー・デップとラミン・カリムルーとジェイク・ギレンホールが大好き♪
映画レビューその他日常生活の様々な出来事を綴っています。
写真撮るのも最近大好きです♪

B'z、ロバート・ダウニー・JR、福山雅治、織田裕二、玉木宏もお気に入り♪(要するに気が多い^^;)

初めての方もお気軽に♪コメントお待ちしてま~す^^

なお、こちらで使っている画像&映像の著作権は所有者にあります。

記事に関係のないコメント&トラックバックは削除させて頂きます。
その判断は、管理人の好みによります。

SINCE 2007.08.26

ブログランキング
いつも応援ありがとう♪ あなたの応援がとても嬉しいです!
みすずへのメール♪
最近のトラックバック
eiga.comニュース♪
最新映画の情報をいち早くお届け~♪ ポスターをクリックすると公式サイトへ飛びます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。