12月カレンダーFC2用
☆4月8日の『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』放送あり!観るべし!! みすずりんりん放送局 - 八日目の蝉
 

みすずりんりん放送局

ジョニー&ラミン&ジェイクが好き♪映画レビューはコネタバレあるかも^^(コメント欄は要注意!)写真を撮るのも大好きです♪
 
 
最近のコメント
ゆっくりしていってね♪
現在の閲覧者数:
ツイッター
ツイッター始めました! フォローよろしくです♪
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
掲示板♪
みんな、おいでよ!!掲示板♪ 設置しました~^^
赤いお屋根のお家マークをクリックすると、ホワイトジョニーが あなたをお待ちしております♪ マークが見えない時は、バーを降ろしてね^^
カテゴリー
♪いらっしゃいませ
あなたはこのブログに、
番目に来てくださったお客様です♪
アルバム
お気に入りリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉 

 『八日目の蝉』を見た。
八日目の蝉チラシ八日目の蝉チラシ2
 【ストーリー】
 今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった。
 21年前に起こったある誘拐事件-。
 不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去った女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。
 実の両親の元に戻っても「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま成長した恵理菜は、ある日自分が妊娠している事に気づく。
 相手は希和子と同じ、家庭を持つ男だった。
 ルポライターと名乗る女安藤千草(小池栄子)に誘われるまま過去と向かい合うことになるが・・・

 【豆知識】
 角田光代の衝撃のベストセラー、ついに映画化!
 直木賞作家・角田光代が手がけた初の長編サスペンスであり、最高傑作の呼び声高い【八日目の蝉】。
 05年から読売新聞にて連載され、07年第2回中央公論文芸賞を受賞。
 各メディアから絶賛と驚愕をもって迎えられたベストセラー小説が、遂にスクリーンに登場する。


 優しかったお母さんは、わたしを誘拐した人でした。

 2011年 日本 147分




 去年から【優しかったお母さんは、わたしを誘拐した人でした】っていう、驚くべきキャッチコピー(っていうのかな?)に衝撃を受けたわたしは、見たくて見たくてたまらない映画でした。

 念願叶ってやっと見れました♪

 期待通り、いえそれ以上の映画でした。
 涙ジャジャ漏れ

八日目の蝉
 結婚出来ると思っていた男に裏切られ傷心の希和子は、不倫相手の家に忍び込み生後4ヶ月の赤ちゃんを連れだしてしまう・・・予告にもあるあんな笑顔で笑われたら、超可愛いよねあの赤ちゃん♪

 もう、どーして赤ちゃん一人残して外出するかなーーっって腹が立ちました。

 わたしは子供二人を置いていくのが怖くてお兄ちゃんが中学生になってやっと近所のスーパーにふたりを置いてダッシュで行って帰ってきたものですが(以前県北でおうちの中で殺害された女の子のニュースがあったから余計にね)

八日目の蝉3
 誘拐した直後の希和子には、当然ながら同情する気持ちなどみじんも沸かなかったわ。
 赤ちゃんが泣くのも当たり前だし・・・赤ちゃんって匂い(本能?)で母親を覚えてるって言うしね。

 どこにも行き場をなくした希和子は『エンジェル・ホーム』っていう女性だけの集まりの集団に入団することに・・・
 こういう映像見るとオウムを彷彿とさせるなぁ・・・
 原作を読んだ友人が代表が怪しすぎだって言ってた(笑)
 確かに、なんか・・・あの歌はなんだったんだろう^^;

 映画は希和子の逃亡劇と現在の恵理菜の様子をほぼ交互に映し出しながら進んでいきます。

八日目の蝉2
 恵理菜は幼い頃のことがトラウマになり、家族とも他人ともうまくコミュニティが取ることが出来なかった・・・
 ヒステリックな母親にその後育てられた割には対人恐怖症とかなってないのね・・・

八日目の蝉6
 ちゃんと恋人もいたりして・・・だけど、この恋人には問題が・・・

 恋人役の岸田さんに劇団ひとり。
 う~ん、ちょっとこれはミスキャストでは?原作も読んでないけど、これは合ってないと思ってしまった。
 確かに顔だけ見たら、不実そうな匂いがぷんぷんしてるけど(わぁ、失礼^^;)
 キャスト、他は全部良いのに、この人はひとり浮いてるように思ったなぁ・・・

八日目の蝉4
 ルポライターと名乗り恵理菜に近づいてきた安藤千草。
 
 わたしは最初この人ダメだった・・・図々しくて違和感ありあり。
 しかも、なんか歩き方が変なのがやたら目について・・・彼女も問題を抱えてるからその【変】を動きで表したかったのかもしれないけどね。

八日目の蝉9
 最初からのヒステリックさが際だっていた恵理菜の本当の母親役秋山恵津子に森口瑤子さん。
 かなり勝手な感じに見えて、こっちも同情出来なかったけど・・・泣く泣く子供おろした相手に「からっぽ」はないと思うの・・・

 だけど、あるシーンで感情を露わにして「どうして置いていったんだろう」っていう言葉で、どばば~~って涙涙。
 森口さん、迫真の演技!!

 そうだよね、一番可愛い時期を獲られちゃって。待ち望んでやっと帰ってきた娘には「知らないおばちゃん」って言われるし・・・
 娘の好きな歌の「お星様の歌」が歌えない、娘の好みを実の親なのに知らない切なさ。
  辛いよね、悲しいよね

八日目の蝉10八日目の蝉5
 恵理菜は千草に誘われるまま、希和子との逃亡生活を辿ることになり・・・。

 忘れてしまった過去に恵理菜の知りたい答えはあるのか?
 
 ずっと釘付けで見ていて、あっという間の鑑賞でした。
 希和子の思いに、見終わる頃には同情出来ないわ~なんてこと忘れてしまってました。
 思いっきり感情移入してるよ
 小さい薫を演じた渡邊このみちゃんも上手でねー可愛かったわ♪

 蝉の話も印象的。
 普通の蝉は7日目で死んでしまうけれど、もし8日目まで生きている蝉がいたら・・・
 その蝉は仲間が誰もいなくて寂しくて嘆くか、他の蝉より1日長生きして他の蝉が知り得なかった事を知るチャンスがあったことを喜ぶか・・・
 題名にも奥が深いなぁって思ったわ。


 下の【拍手ボタン】の上の【続き→】をクリックすると、映画を見たわたしのかなりネタバレ入り感想があります。


 映画を見終わって思ったこと・・・そうめん屋のおぢさんとおばさんはどうなったんだろう・・・


 是非是非、チャンスを作って見てください!!
 とても良かったです。
 お勧めよん♪
 中島美嘉さんの歌う主題歌も映画に合っていて、凄くいいです~~♪


 では、予告編をどうぞ~



  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、たまに更新中♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

 下のジョニーをクリックしてくれてもランキングに行くようにしました~♪

ランキングポチ用

ブログランキング用

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 

人気ブログランキングへ



 この映画は恵理菜のいわゆる【自分探しの旅】だよね。
 恵理菜は希和子との生活を辿っていくうちに、自分がとても愛され育っていたことを思い出し、生まれてくる子供に愛情を抱くことが出来るようになった。
 だけど、千草は対人恐怖症になって彼女こそ普通の生活を送ることが出来ないが恵理菜はちゃんと(かな^^;?)人を愛する事が出来てたんだから(本人自覚はなかったみたいだけど)三つ子の魂百までも?って感じで心の奥底には希和子に愛され大事にされ、大勢の人からも愛情をたっぷり注がれていた事を覚えていたんだよね^^
 そして、希和子も誘拐は非道な事だけど、【薫】を育てていくうちに心が半分壊れかけていたのを救われたんだ。
 ラストの別れのシーンはハンカチが何枚も必要なぐらいだったよ。

 しかし、一番許せないのは父親と岸田だわ!
 「どうにかする」って一体何をどうにかするのよ!!離婚する気が本当にあったのか?ないよね
 その場しのぎの言葉をささやいて、そのまま一生それでやっていけるって思ってたのかしらん



  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、たまに更新中♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

 下のジョニーをクリックしてくれてもランキングに行くようにしました~♪

ランキングポチ用

ブログランキング用

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
にゃむばななさん
こんばんはー♪

コメントありがとうございます~!

> 男の女性に対して「何とかする」は基本何もしません。
やっぱり?
だと思った^^;
今は結婚出来ないけど、後でするよ!なんて言われて信じる方も・・・だけど・・・

> でもそんな男にダマされてこんな誘拐事件を起こしてしまうも、母親として深い愛情を注ぐ永作さんの演技は本当に凄かったですわ。
凄かったですねー^^
永作さん、迫真の演技でした。
最初は感情移入出来ない!って思っていたのが、ラストに近づくにつれ、完璧に感情移入しちゃってましたし・・・
こんばんわ
男として言います。
男の女性に対して「何とかする」は基本何もしません。
いや何も出来ません。
本当に何かする時は、この女性を口説きたいと思う時だけ。

でもそんな男にダマされてこんな誘拐事件を起こしてしまうも、母親として深い愛情を注ぐ永作さんの演技は本当に凄かったですわ。
ノルウェーまだ~むさん
こんばんはー♪

コメントありがとう!

> ラストは泣けたねー!
泣けたねー!

男性陣にすっごく腹立ったーーっ!
何も出来ないし、する気もないくせに、「愛」をささやかないで欲しい!
ほんと、身勝手ー!!

> きっと最大限の侮辱で心にナイフを刺したんだろうなぁ。
うんうん、確かに^^
わたしもすっごい嫌味を言っちゃうかな・・・いや、言うだろうな^^;
わたしも負けん気強いからー(^m^)
DVDで
みすずちゃん☆
ラストは泣けたねー!
みすずちゃんはじゃじゃ漏れに泣いたんだ?
ホント男はみんな身勝手だよね。
傷つくのは全部女の人、しかも妻も愛人も娘もみんな傷ついたんだものね・・・

「からっぽ」発言は私も最初ひどいなーって思ったけど、夫の愛人と対面したら自分だとどうかな?って考えると、刺さないだけマシだったんじゃないかなって。
あなたも傷ついたのねとかは、なかなか余裕がないと言えないもん。
きっと最大限の侮辱で心にナイフを刺したんだろうなぁ。
ななさん
こんにちはー♪

コメントありがとうございます!

> あの「優しかったお母さんは~」というキャッチコピーはインパクト強いですよね。
これはインパクト強いですよえんー^^
ぐっと興味を引かれましたよ!

> 永作さんだけでなく,他の女優さんもみんな素晴らしい演技で。
まったくですね!
みんな良かった~♪
見応えありました^^
あ、ななさんも 「劇団ひとり」さんイマイチ?
そうだよねぇ、違和感あったよね^^;

> 秋山の奥さんも哀れですよね,映画はどちらかというと
> そんな面も強調して描かれていました。
ななさんは原作も読まれたんですね!
秋山の奥さんはそうなんだ^^;映画の中でもかなりやな感じでしたが・・・
哀れですよねぇ・・・
こんばんは
あの「優しかったお母さんは~」というキャッチコピーはインパクト強いですよね。
私もあれで観たくなりました。
主演が永作さんと聞いてこれは期待できるな~と。でも
永作さんだけでなく,他の女優さんもみんな素晴らしい演技で。
「劇団ひとり」さんは私も違和感ありました。似合わない・・・
原作がかなり希和子寄りのストーリーで秋山の妻が
不倫されてもしかたないような嫌な女性に描かれてたので
映画も希和子に感情移入して観ましたが
秋山の奥さんも哀れですよね,映画はどちらかというと
そんな面も強調して描かれていました。
歩さん
こんばんはー♪

コメントありがとう~e-343

うん、平日お一人様で^^
友達に泣き顔見せるのも恥ずかしいもんねv-398
わたしも2日にお一人様で観たもんv-411

是非鑑賞してみてv-218

こちらこそ、読んでくれてありがとうねv-345
こんばんは~!
この映画凄く気になってて・・こちらに来てしまいましたv-356

>涙ジャジャ漏れ

なんだー!やっぱり??わーますます観たい!!
GWガリバーも行けなくてつまんないーって思ってたけど
平日おひとりさま映画にいいね~次これにしよう!

レビューありがとう~~v-423
管理人宛の方~♪
こんばんはー♪

いつもありがとう!!
忙しいのに嬉しいわ♪
yukarinさん
こんばんはー♪

コメント&トラバありがとう~e-343

>私もキャッチコピーで観に行きたくなりました。
衝撃的なキャッチコピーでしたよね!
だから、yukarinさんが言われたように大人になってからわかるのかと思ってました^^;

恵理菜の事を重うと、同情出来ませんねー><。あまりに可哀想です。

>離婚する気もないくせに~ひどい。
まったくです!!
口だけの男って嫌い!!!!
kinoさん
こんばんはー♪

コメント&トラバありがとうございます~e-343

小豆島のそうめんは美味しいですよ~♪
お店でも売ってるんですよー^^近いから。

>のどかな小豆島の雰囲気、永作さんとこのみちゃんの、幸せそうな光景は良かったですね。
良かったですねーv-398
小豆島が一番幸せな時だったんでしょうね。
景色も綺麗だったし・・・

>エンドロールの中、歌詞を静かに聞きたくなりますね。
大事ですよね!!
余韻に浸れるし、余計にジーンって来ますよね。
今回も小豆島の夕焼け(かな?)が美しく、より切なかったです。
エマさん
こんにちはー♪

コメントありがとう~e-343

>ほんとの親子でなくてもなんか心に響くものがありそう
うん、重い・・・だけど、見応えはあったよ!
親子って【血】だけじゃないんだよね!
DVDが出たらチェックしてみて^^

松雪さんのそのドラマは観てなかったけど、読んだ印象だとちょっと違うかな。

>永作さん、とってもかわいくて年齢よりすごく若くみえるよね
そうそう!
とってもキュートよね♪
しかも、演技も上手で引き込まれたわ~^^
たいむさん
こんにちはー♪

コメントありがとうございます~e-343

>結局はみんなが好き勝手にやっていたってことと思います。
確かにそれは言えますね。
その犠牲になった恵理菜が可哀想です><。

ほんと、永作さんはうまかったですねーe-454
いつの間にか味方になってしまってました・・・
子役の子も良かったよね♪「来て」ってシーンを思い出すと泣けます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは♪
私もキャッチコピーで観に行きたくなりました。
希和子には同情できないけれど切ないお話でしたね。
それにしても父親と岸田には頭にきますね。
離婚する気もないくせに~ひどい。
ノルウェーまだ~む さん
こんにちはー♪

コメントありがとう~e-343

>久々、がっつり見応えのある邦画だね~
うん、前見た「告白」にも似たような力はいる鑑賞だったわ!

是非観てね♪

>でも頑張る!
わ~、行って来て行って来て!!
レポ楽しみにしてるね♪
頑張って~~~e-328
もちゅみさん
おはよう~♪

コメントありがとう~e-343

面白かったよ^^
あ、面白いって言い方はちょっと違うかなぁ^^;
引き込まれてって言った方が良い?

そう、ただ重いから、向き不向きもあるだろうね!
もちゅみさん、DVDが出たらチェックしてみて^^

>キャストで合ってない人とかいるとちょっと気になっちゃいますよねぇ^_^;
ちょっとね^^;イマイチだったなぁ・・・
KLYさん
おはようございます♪

コメント&トラバありがとうございますe-343

>結局妻も希和子も、そして何より薫から一生拭えない
傷を負わせたわけだしね。
そーなのよね!なんで避妊しないのかv-412
発端は旦那だよねぇv-403

引き裂かれるシーンは切なかったです><。
永作さんの表情と言葉がもう涙なくては見れませんでした・・・
観応えありましたよ
>そうめん屋のおぢさんとおばさんはどうなったんだろう
小豆島というと、オリーブみたいなイメージだけど、
そうめんも有名なのかな、そんなことも思いました。
のどかな小豆島の雰囲気、永作さんとこのみちゃんの、
幸せそうな光景は良かったですね。

白夜行もそうだったけど、主題歌が、本編に合ってるというのは、
大事ですよね。エンドロールの中、歌詞を静かに聞きたくなりますね。
こんばんわ
重そうなストーリーだから、あんまり
見たいって思わないんだけど・・母と子の感情って
ほんとの親子でなくても
なんか心に響くものがありそうv-409

ちょっと前に松雪泰子さんが先生役で子供を誘拐して、
虐待の母から助けた?話っぽいのかなと思ってたけど
あれは母のほうだけだよね。

永作さん、とってもかわいくて年齢より
すごく若くみえるよねv-410
こんにちは
無責任男と誘拐は発端を探れば行き着くことだけど、結局はみんなが好き勝手にやっていたってことと思います。
ただね、永作さんが上手くって(^^;
ボロボロ泣いちゃいました。

子役の薫ちゃんも上手でしたねー(^^)
行ってくるね
みすずちゃん、おはよ☆
久々、がっつり見応えのある邦画だね~
とっても気になっているのでいつか見たいわ。

さて、やっぱりプレミア上映は当たらなかったけど、レッドカーペット一般の人も見れそうだから、急遽行ってくるわ!
急遽決めて、いったい見られるのかわからないし、修学旅行の説明会行ってからだし…
でも頑張る!
そっか~面白かったんですね
私はどちらかというとあまり~な
部類の映画ですが
DVDで見るかな~
キャストで合ってない人とかいると
ちょっと気になっちゃいますよねぇ^_^;
まーそうだよね。
不倫するなら避妊ぐらいしろっての…。
結局妻も希和子も、そして何より薫から一生拭えない
傷を負わせたわけだしね。
それにしても最後の別れは本当に胸が引き裂かれる思い
でしたよ…














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://misuzurinrin.blog117.fc2.com/tb.php/1381-14cab0e0
八日目の蝉
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共...
八日目の蝉
優しかったお母さんは わたしを誘拐した人でした 連続ドラマ化された角田光代の同名小説を『孤高のメス』の成島出監督が、映画化。今回は、誘拐された子供、恵理菜目線で描かれます。井上真央、永作博...
八日目の蝉
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚してい...
八日目の蝉
親となったら子供を「八日目の蝉」にしちゃいけないってことですね-。
八日目の?
優しかったお母さんは私を誘拐した人でした。 先に原作を読んでいた…やりきれないほどに重く哀しく,それなのに心を惹き付けられてやまない物語。母性を持っている私たち女性にとってこの作品は,やはり心深く訴えられるものがあるのかもしれない。 不実な愛人の秋山との...
DVDまとめてレビュー「GANTZ1・2」「メタルヘッド」「八日目の蝉」
お正月から見続けたDVDの数々。 今回はわたしのオススメ映画から。今回から独自に★採点つけてみたよ(★5つが満点)
『八日目の蝉』
恵理菜として生きる七日目で死ぬ蝉が見た世界。薫として生きた八日目の蝉が見た世界。そのどちらの世界に母親の愛があったのか。 直木賞作家・角田光代先生の小説を映画化したこ ...
最近の記事
プロフィール

みすず

Author:みすず
ジョニー・デップとラミン・カリムルーとジェイク・ギレンホールが大好き♪
映画レビューその他日常生活の様々な出来事を綴っています。
写真撮るのも最近大好きです♪

B'z、ロバート・ダウニー・JR、福山雅治、織田裕二、玉木宏もお気に入り♪(要するに気が多い^^;)

初めての方もお気軽に♪コメントお待ちしてま~す^^

なお、こちらで使っている画像&映像の著作権は所有者にあります。

記事に関係のないコメント&トラックバックは削除させて頂きます。
その判断は、管理人の好みによります。

SINCE 2007.08.26

ブログランキング
いつも応援ありがとう♪ あなたの応援がとても嬉しいです!
みすずへのメール♪
最近のトラックバック
eiga.comニュース♪
最新映画の情報をいち早くお届け~♪ ポスターをクリックすると公式サイトへ飛びます。
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。