12月カレンダーFC2用
☆4月8日の『オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン』放送あり!観るべし!! みすずりんりん放送局 - ら行の映画
 

みすずりんりん放送局

ジョニー&ラミン&ジェイクが好き♪映画レビューはコネタバレあるかも^^(コメント欄は要注意!)写真を撮るのも大好きです♪
 
 
最近のコメント
ゆっくりしていってね♪
現在の閲覧者数:
ツイッター
ツイッター始めました! フォローよろしくです♪
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
掲示板♪
みんな、おいでよ!!掲示板♪ 設置しました~^^
赤いお屋根のお家マークをクリックすると、ホワイトジョニーが あなたをお待ちしております♪ マークが見えない時は、バーを降ろしてね^^
カテゴリー
♪いらっしゃいませ
あなたはこのブログに、
番目に来てくださったお客様です♪
アルバム
お気に入りリンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAILWAYS-レイルウェイズ-49歳で電車の運転士になった男の物語 

 『RAILWAYS-レイルウェイズ-49歳で電車の運転士になった男の物語』を観た。

レイルウェイズレイルウェイズ11


 【ストーリー】
 49歳の筒井肇(中井貴一)は家族を顧みることなく仕事に没頭していた。
 しかし、ある日、実家の母親(奈良岡朋子)が倒れ駆けつけた事で自分の人生を見直すチャンスに出会う。
 筒井肇は会社を躊躇なく辞め、子供の頃からの夢であった一畑電鉄の運転手になることを目指す。

 大人が夢見てもいいんですね。

 2010年 日本 130分

 『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズのROBOTが贈る、心温まる物語。

 ☆舞台のちょっとまめ知識
 出雲はパワースポット!?日本神話のスサノオノミコトが祀られている須佐神社、縁結びの神様オオクニヌシノミコトを祀る出雲大社、日本の渚百選にも選ばれている稲佐の浜。
 神無月には八百万の神が出雲大社に集まると言われています。
 その出雲の大自然を走る電車の美しい田園風景が、あなたの慌ただしい日常を忘れさせ、心を解放してくれるでしょう。

 日本最古級電車・一畑電車【デニハ50形】
 バタデンが一畑電車の前身である一畑電気鉄道のオリジナル車両で【デニハ52】と【デニハ53】があろ、昭和初期に製造された国内の鉄道線用の電車としては最も古い。


          


 試写会が当たったので行って来ました。
 前回『ラブリーボーン』の時はそうでもなかったけど、今回はおばちゃん(おばあちゃんに近い)とおぢちゃん(おじいちゃんに近い)だらけ~~
 そのせいか、空調の風向きによってはなんだか加齢臭が
 しかも、中には家でテレビ見てる感覚の方がいらっしゃるのか・・・結構な声での話し声が聞こえてくる
 幸いその方達とは席が離れていたのでなんとか大丈夫だったけど、気にならない・・・こともないけど、気にしないようにした
 近くの人は迷惑だったろうなぁ・・・

 金曜日の試写だったんだけど、『アリス・イン・ワンダーランド』の映画も見た後だったので、もしかしたら寝ちゃうかも~?と思いながら鑑賞しましたが、なんのなんの!!
 面白いぞ、この映画!

レイルウェイズ10
 仕事一筋で生きてきた男筒井肇。
 会社方針で京陽電気の工場を閉鎖しなくてはならず・・・同期で友人の川平吉樹(遠藤憲一)が工場長を務めているが筒井は事務的に話を進めていく。
 川平が項垂れ元気ない様子にも気が付かない。いや、工場閉鎖で自分の行き場を不安に思っているだけだと思っていたに違いない。
「本社に戻ってこい。また一緒にやろう」と誘うも電話の向こうの友人の声は期待した返事ではなかった。

 そんな彼は家族ともぎくしゃく・・・一人娘の筒井倖(本仮屋ユイカ)ともまともに話したこともない。
 そんな娘も大学卒業を来年に控え、やりたいことも見つからず就職活動もあまり本気でない感じ。

 で、嫁ともぎくしゃく・・・嫁・筒井由紀子(高島礼子)は最近ハーブの店を出してそっちの方が忙しく、これまた家庭を顧みない生活をしていたり・・・と。

 みんながお互いに相手を認め、それぞれのやり甲斐を見つけて頑張っている!って言えば聞こえは良いけど、早い話が家族みんなバラバラ・・・でも、こういう家庭多いんだろうなぁ・・・
 子供が大きくなったらそんなに会話もないし、ましてや嫁に行ったら・・・残った夫婦はどうなるのかしら・・・わぁ、我が家も不安~~

 そんな筒井肇が実家に帰ったことで幼い頃「バタデンの運転士になる!」って夢があったことを思い出したら話は急テンポに進んでいった。
 親友の事故死も、きっかけだったんだと思うけど。
 『夢はおいかけてるよ』って言い残して逝ってしまった川平の言葉。
 自分の夢って?これまでの自分の人生を振り返ったとき、自分には何もないことに気が付いたのね。
 映画の中では『車での事故死』だったけど、本当に事故死だったのかなぁ・・・また深読みしすぎ?

レイルウェイズ6
 あれよあれよという間に運転士になってしまったよ~
 (勿論、東京の電車会社で2ヶ月の研修は受けてましたけど)

 受かったとき、にま~って笑う顔が。(ここ劇場大爆笑!)
 ふふ、気持ちわかるよ!嬉しくて押さえられないんだよねー

 早々と運転士になってしまったので、この後の話は?って思ったらその後も大きくもない、でも、ちょっとした事件があり~で。

レイルウェイズ4
 母と子のふれあい。子供はいくつになっても子供なんだよなぁ・・・
 「あんたのしたいことをしたらいい」っていう母の言葉がジーンと来るよ。方言なのがまたいい
 自分は病に冒されているのに、一番の心配は息子の事なんだよね。

レイルウェイズ2
 同じく運転士になった宮田大吾(三浦貴大)。
 彼が運転士になったのも訳ありで・・・そうか、そんな仏頂面なのも頷ける。

 しかし、この映画の中ではあまり笑ってくれなかった三浦貴大さんですが、笑うとこれが結構可愛い♪
 先日この映画の番宣で姿を見ましたが、この時とは違って坊主頭じゃないし、なんだか爽やか~て感じ。
 お父さんに似たら相当な男前になると思いますが・・・どうでしょう・・・

 橋爪功さんと佐野史郎さんのコンビ(?)がまた良くって
 笑わせていただきました


 田舎らしいエピソードも満載で、見ると温かい気持ちになります。
 笑ったり泣いたり、ラスト近くでの事件もまたじんわりきて・・・
 2時間10分あった割りには全然長く感じなかった。

レイルウェイズ5
 離れてしまったように見える夫婦の絆。
 さて、ラストはどうなるんでしょう・・・
 是非是非、劇場またはDVDでお確かめくださいね

  では、予告編をどうぞ~
 



    『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、更新続々♪よろしくね(^^)/トップ画像も変えました!)

  『みんなおいでよ、掲示板♪~Johnny Deppに語るつもりで♪』

  いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。
ランキングポチ用
 


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 




 


 




 

ラブリーボーン 

 『ラブリーボーン』を観た。

ラブリーボーンラブリーボーン2ラブリーボーン3

スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。
 そしてスージーは天国にたどり着くが、父ジャック・サーモン(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母アビゲイル・サーモン(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。
 崩壊していく家族の姿を見てスージーは……。(あらすじより)

 
 これは、私が天国へ行ってからのお話。

 2009年 アメリカ 135分 原題: THE LOVELY BONES


 1月19日、初めての試写会に行って来て鑑賞しました~~♪
 試写会に当たるのは初めて
 3年前のトッドちゃんも当たらなかったし

 午後6時半からの上映だったので行けないかな~って思ったけど、旦那2号が早く帰れると言うので行けました♪
 初めての経験に、ルンルン出かけて行ったんだけど~~

 イマイチだった

 この映画、予告編上手に作りすぎでしょ

ラブリーボーン9
 スージー・サーモン。
 お魚みたいな名前でしょ?って、日本だけの台詞だよね~^^;
 14歳で無惨にも殺されてしまう女の子
 
 14歳ぐらいって警戒心も強いと思うのに・・・犯人の誘い方凄い!!
 あんなにされたら、そりゃ行っちゃう・・・ってな誘い方なの
 怖いよ、ほんと・・・子を持つ親だったらこの辺の描写って身震いするんじゃないかなー
 わたし、絶対娘を一人で歩かせない!って思ったもの

 シアーシャ・ローナンって、『つぐない』でキーラの妹役をしていた子だよね
 
ラブリーボーン12
 恋する女の子スージー。
 思いを寄せるレイ(リース・リッチー )からも告白されて、舞い上がってる♪
 デートの約束もしたのに・・・この後悲劇が襲うんだ・・・

ラブリーボーン7
 アビゲイル・サーモン(レイチェル・ワイズ)。
 3人の子供のお母さん。
 この時代設定が、1973年。
 この頃って、子供を迎えに行ったりしてないの?
 現代の映画を観ると、たいてい家族が送り迎えしているか、スクールバスに乗ってるよね?
 昔はまだ安全だったのかなぁ・・・

 しかし、娘が殺されて心がボロボロになったとはいえ・・・子供2人を残して蒸発するかな~?
 な~んか、釈然としなかった・・・

 レイチェルは『ハムナプトラ』シリーズで観てた。
 キュートな人だったけど、年とった?最初「ん?どこかで観たことあるなぁ?」って気が付かなかったよ

ラブリーボーン22
 ジャック・サーモン。スージーの父親で、ボトルシップが趣味。
 娘の死後、犯人を必死に捜そうとする。
 最初に娘がまだそばにいる・・・って感じるんだけど・・・
 だけど、ただそれだけだった^^;

 この人は、『パプニング』でも出てたね~

ラブリーボーン30
 スージーの妹のリンジー・サーモン(ローズ・マクアイヴァー )。
 なんとか犯人を突き止めようと行動を起こす。

 リンジーが行動を起こした時は、ハラハラしたよ~~
 留守にしていた犯人が帰ってくる!って言う、王道だったけど・・・やっぱり緊張したなぁ。

 だけど、この後のリンジーの行動が・・・はて?で。

 せっかくの証拠を見つけたのに、すぐ親に見せないんだよね・・・
 え~、まさかそのまま?って思った瞬間、見せたんだけど・・・イライラしたよ

ラブリーボーン17
 そして、その犯人のミスター・ハーヴィ(スタンリー・トゥッチ)。
 どうして、ここで名を出すかというと、最初に殺害するところからこの人写ってるから・・・

 つまり、犯人がだれ?って言う犯人探しのサスペンスじゃないのだ。

 この人うまいよ!!
 不気味な不審者の役がぴったり!

 だけど、スタンリー・トゥッチは最初この役を引き受けるのをためらったそう・・・まぁ、かなりインパクトある役だもんねー
 子供殺しだし・・・

ラブリーボーン13
 スージーのおばあさんのリン(スーザン・サランドン)。
 わたしはこの人の存在理由がイマイチわからなかった・・・映画の中では笑わせて貰いましたが^^;
 何かするでもなく・・・てか、余計な事をたくさんして家族をかき回しただけのような・・・?

ラブリーボーン18ラブリーボーン16
ラブリーボーン15ラブリーボーン8
ラブリー33ラブリーボーン32
ラブリーボーン31

 スージーが死後行った場所は、天国と現世の狭間の場所。
 その場所がすっごく綺麗でね~♪
 ここの描写は美しくて、うっとり
 この狭間の場所がこれだけ美しいと、天国ってどんなん?って思うよね
 残念ながら、天国は出てきませんでしたが・・・

 「まだ、やり残したことがある。きっと私にも何か出来るはず・・・。みんなに伝えなきゃ。お願い。私の想い、届いて。」

 っていう、スージーのナレーション(?)から、わたしは死んでしまったスージーがその狭間から犯人を見つける手助けをするのだと思っていた。
 スージーのやり残した事・・・それは犯人を逮捕させ、自分の遺体を家族に返すこと・・・
 てっきりそうだと思っていたのに・・・

 ラブリーボーン23
 その為に出ていたと思っていた女の子ルース(キャロリン・ダンド )。
 霊能力があり、最初に死んだスージーの姿を見た子なの。

 意味深に登場するけど、何かするでもなく・・・

 この子の登場の意味はなに?って思っていると・・・まさかああなるとは・・・
 まさに『ゴースト/ニューヨークの幻』ですね

 スージーのやり残したことが、それでいいのか??
 自分の遺体はどーでもいいのか~~!!って全くすっきりしません

 それに、ミスター・ハーヴィが・・・ああ、そんな場所に行ったら、そうなるでしょ~~って、これまたすっきりしない終わり方・・・

 予告編で期待しすぎたのと、わたしの思う展開の映画じゃなかったのが、イマイチだった原因ですね

 自分が死んでしまったことで、バラバラになってしまった家族をなんとか一つにまとめたい。
 現世でやりたいことがたくさんあった14歳の女の子の、憧れや実現出来ない夢への未練。
 それらをどうやって乗り切るか・・・
 
 14歳の女の子の語りで始まるこの映画は、あくまでも女の子目線で観ないといけない映画だったのね~~

 でも、まぁ、試写会が当たって良かった♪
 じゃないと、友達誘って見に行くつもりだったから・・・

 チラシに・・・1月29日(金)“スージーの想い”があなたにも届くって、あったけど、すみません、届きませんでした 

 では、予告をどうぞ~~






  『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、時々更新中♪よろしくね(^^)/

  『みんなおいでよ、掲示板♪~Johnny Deppに語るつもりで♪』

  いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。
ランキングポチ用
 


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 








 

 

ROCK YOU!~ロック・ユー!~ 

 『ROCK YOU!~ロック・ユー!~』を観た。

ロックユー7

 14世紀。
 平民のウィリアム(ヒース・レジャー)は死んでしまった主人エクター卿になりすまし、騎士しか参加できない馬上槍試合の大会にワット(アラン・テュディック)やローランド(マーク・アディ )たちと共に参加を繰り返していた。
 試合をいつも見守る貴婦人ジョスリン(シャニン・ソサモン)に一目惚れしたウィリアムは、競技と恋を巡り名手アダマー伯爵(ルーファス・シーウェル)と火花を散らす。(あらすじより)

 2001年 アメリカ 132分 原題 : A Knight's Tale



 今まで観たことな~い!!と思っていたこの映画。
 実はしっかり観てました苦笑い
 最初の主人が死んでる~~と言ってるシーンを観て思い出しました

 しかし、せっかく『スターチャンネル』で放送があり録画していたので、最後まで観ることに・・・
 だけど、見て正解!ちっとも覚えてなかったわ

 死んだ主人に成り代わって試合に出る決心をしてから、練習を繰り返すんだけど・・・

 この練習している様子は、爆笑ものですね
 かなりコミカルに描かれている。

 川に沈んで浮かないシーンなんて、笑ったわー 

 ヒースの歌声も聴けたりして、ファンにはとっても美味しい映画?

ロックユー10
 ウルリック卿と名乗り、馬上槍試合の大会に出続けるウィリアム。
 ウィリアムを演じるのは故ヒース・レジャー。
 爽やかな笑顔がいいわね とっても若いわ
 今本当にいないのが、残念でならないわ・・・

ロックユー13
  ロマンスもあったりして・・・

ロックユー9
 ジョスリン役のシャニン・ソサモン。
 きりりとした綺麗な女優さんですが、『ワンミスコール』にも出ていた人ですねー
 『着信アリ』のリメイク版でしたが、う~ん、イマイチ?だったかなぁ・・・

 だけど、彼女は貴族の娘。
 思いっきり身分違いだけど・・・先々ばれるかも?って思わなかったのかな?

 しかし、ばれてしまっても「豚小屋でも一緒に住む」って言い切るあたり、気の強い娘さんです!

ロックユー11
 ウィリアムの仲間のローランド(マーク・アディ)、ケイト(ローラ・フレイザー)、ワット(アラン・テュディック)。 
 最高ですわー
 
 特に気に入ったのがローランド!
 とっても器用なんですもの
 テントの生地で上着作ってるよ~~(爆)

 ケイトの作る鎧にはナイキのマークが入るのも笑える!
 発祥はこの時か?なんちてうしし

ロックユー3
 ジェフリー・チョーサー(ポール・ベタニー)。ギャンブル好きな裸の人(笑)
 でも、実はのちに英詩の父と呼ばれる大詩人なんだよね
 好き勝手ウィリアムを紹介するけど、人惹きつける魅力に溢れた人。
 「僕の書く物語の中で、酷いことしてやるからなー」って言葉は受けた
 
 どこかで見た俳優さんだなーって思ったら、『ダヴィンチ・コード』でシラスという自分を痛めつける戒律を守る信者の役だったわ。

ロックユー4
 ダンスシーンも面白くて、意地の悪いアダマー伯爵(ルーファス・シーウェル)に言われてダンスを披露させられる・・・踊れないからジョスリンが助けるんだけど・・・
 その後、その場にいた人全員踊ってるよー
 知らないダンスじゃなかったのか?うふふ・・・

 手紙を書くシーンも・・・
 それはそれは素敵な手紙が出来上がったわー(笑)
 一緒に泣いてるワットが、ちょっと可愛く見えたりしてうしし
 しかし、間接キッスは(爆)

 前半はテンポ良くウィリアムの活躍が描かれ楽しくてワクワクして、後半になるにつれホロリと来るシーンもあったり・・・

ロックユー12
 お父さんとのシーンは、泣けたー 

 使われている曲もいいね♪
 出だしからクイーンの『ロック・ユー』聞かせてくれるし

ロックユー
 
 登場人物みんなが個性的でいい味出してる!この映画を盛り上げてるね。
 ヒースのニッ!って笑った顔、いいねー♪

ロックユー5
 だけど、この馬上槍試合?
 怖いわー当時、これでお亡くなりになった方もたくさんいらっしゃるんじゃないかなー

 そうそう、エンドロールの後、もう一丁お楽しみがあるから、見逃さないでね!


 あ、最後に!

ロックユー18
 いい笑顔だ!エドワード王子!
 自分の身分を知っても挑んできてくれたウィリアムに最高の礼をした。嬉しかったんだよね♪
 かっけーぞ!!
 いい国王になれよ~~ 

 では、予告編をどうぞ~
 字幕付きがなかったですが・・・





    『みすずのハッピーライフ』 ←らぶりーこう太くんを見てみて♪(ただいま、時々更新中♪よろしくね(^^)/

『みんなおいでよ、掲示板♪~Johnny Deppに語るつもりで♪』

  いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。
ランキングポチ用
 


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ 



レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― 

 『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』を観た。

レッドクリフ16レッドクリフ17
レッドクリフ15レッドクリフ14


 西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。
 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。
 孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。
 これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。
 だか、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。
 そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。
 そんな中、孫権軍司令官・周瑜と孔明はお互いの首をかけての謀略を展開、周瑜は曹操軍2武将の謀殺、孔明は3日で10万本の矢の収集に成功する。
 やがて曹操軍に潜伏していた孫尚香が帰還、決戦へ向けて本格的な準備が始まる。(あらすじより)

 風は未来へ。
 男たちの結束が揺らぐとき、女たちの勇気が動きだす。


 アメリカ=中国=日本=台湾=韓国  2009年 144分 原題: RED CLIFF: PART II/赤壁


 泣いたーーーーっ!!ohnooo
 もうね、駄目よ、あんなに人が死んじゃ
 一緒に観に行った友人に「凄く泣いてるんだもん」って呆れられちゃったわ
 「最初花粉症かと・・・でも、ずっとだから違うなと思って・・・泣くシーンだったか?ってずっと不思議で・・・」(友人のコメントより)

 だってね、後半、人がこれでもかっ!てぐらいお亡くなりに・・・

 戦争物&ギャング物・・・こういうシーンがあるから苦手なのよ

 だけど、面白かったよ

レッドクリフⅡ12
 今回「『Ⅱ』は周瑜メインだったなぁ・・・元からこの人が主役だから当たり前なんだろうけど。

 もうちょっと、
レッドクリフⅡ14
 関羽とか・・・
レッドクリフⅡ15
 趙雲とか・・・
レッドクリフⅡ16
 張飛とかの『Ⅰ』であったような見せ場があったら良かったのにな
 出番が少なかったよ。

レッドクリフⅡ26
 前半は尚香が大活躍だった。
 男装して敵陣にスパイとして潜入していたが、その中のひとりと友情を築くの・・・ちょっと恋心ありかな
 この人とは2度の別れをするんだけど、どちらもわたしゃ号泣だよ・・・

 そして、忘れちゃならないのが・・・
レッドクリフⅡ43
 金城武の孔明わほー
 今回も素敵でした・・・

 待ってましたの『10万本の矢』の話。
レッドクリフⅡ52
レッドクリフⅡ3
 相変わらずの飄々とした感じと、写真左隣の人(名前忘れた苦笑い)との掛け合いが面白い!
 いいコンビだなぁって思うわぁ。

レッドクリフⅡ5
レッドクリフⅡ45
 雲の動きと風や空気を読み、見事天気を予報する孔明
 もう、ハズレ知らずの「気象予報士」になれるよ~~
 後ろ姿も、かっこいい

 前回同様、笑えるシーンもちゃんと盛り込んであって・・・
レッドクリフⅡ24
 こんなシーンや・・・

レッドクリフⅡ20
 こんなシーンも、笑えました。

レッドクリフⅡ36
 あ、関羽の見せ場がない!って書いたけど、このシーンの関羽はかっこよかった~~
 やっぱり、決まってるわ

レッドクリフⅡ35
 有名な火攻めのシーンから後半クライマックスまで・・・
 最初に触れたけど、ザクザクお亡くなりに・・・もうね、矢の嵐と火の嵐・・・
 わたし、スクリーン直視出来なくなった・・・けど、観てたけど
 正に指の間から・・・って感じ。

 「下っ端のシーンでも泣いてたのね~」って友人に言われました。

 だって、心臓バクバクなんだもん

 そして、最大の見せ場は・・
レッドクリフⅡ22
 この人、小喬でしょうか・・・

 ある目的を持って敵陣に単身乗り込む小喬。

レッドクリフⅡ13
 この映画では完璧な悪者になってるけど、病気の兵士に自分の決意と子供の事を話して聞かせるシーンは感動的だったな
 この人もこの人なりの「志」があったんだよね・・・
 だけど、曹操の誤算は自分の「スケベ心」・・・いやいや、「恋心」を制御出来なかったことかなうしし

レッドクリフⅡ41
 甘興役の中村獅童、今回、良かったよーー泣けた!!
 

 
 やっぱりこの映画はスクリーンで楽しんで貰いたい!!
 TV画面じゃ、あの迫力は味わえないよ


 ここで、ちょっと小ネタうしし
 ①『10万本の矢』のシーンで、「引き上げるぞ~」って字幕で書いてるけど、わたしの耳には「ショーベン、ショーベン」って聞こえた・・・
  思わず、え?小便って・・・
 ②曹操が病人に自分の決意をかっこよく話し決めたシーンで、いざ出陣って時、一瞬映った兵士が笑っていた・・・
 ③小喬がいなくなったと知らせに来た後、部屋に入っていくシーンで、入り口に何人かの女性が座っていたが、その中の端っこにいた女性が「麗姫(曹操の愛人)」に見えた。(さすがに、ないかうん?

 
 さて、最後は予告編をどうぞ~





  いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

デリンジャー913 (2)

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ


レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで~ 

 『レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで~』を観た。

レボリューショナリーロードレボリューショナリーロード2

 高度成長期の1950年代、フランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)と妻エイプリル(ケイト・ウィンスレット)はアメリカ郊外の“レボリューショナリー・ロード”と名付けられた新興住宅街の一組のカップル。
 小綺麗な家に住み、ふたりのかわいい子供にも恵まれ、はためには理想の夫婦に見える。
 しかし、しかし、それぞれの心の奥には人にはいえない葛藤があった。
 元陸軍兵で、今は会社員として単調な毎日を送るフランクは、虚しい日々からの脱出を夢見ている。
 一方、女優志願の夢を捨て、子育てと家事に明け暮れるエイプリルはもう一度人生への情熱を取り戻したいと考えている。
 そんなふたりはパリへの移住を決意するが、その実現には数々の問題が立ちはだかる。
 よみがえった希望に胸を弾ませながらも、やがて、彼らの人生は予期できなかった衝撃の結末へと突き進んでいく・・・(あらすじより)

 それは-誰もが逃れられない〈運命の愛〉


 2008年 アメリカ 119分 原題: REVOLUTIONARY ROAD


 う~~~ん、暗い、重たい、(ちょっと)退屈?

 ってのが、率直な感想です。

 ケイトとレオ、『映画史上永遠のカップル』と言われる二人の再共演
 無茶苦茶期待して観に行ったのも悪かったのかもしれない・・・

 決しておもしろくな~い!ってことじゃないの・・・
 なんだろう・・・なんだか、すっきりしない・・・
 レオのくたびれたサラリーマン姿が似合わなかったせいか?(んなわけないかうしし
 かっこいいレオの『ワールド・オブ・ライズ』(クリックで記事にいきます)を観た後だからかな。



レボリューショナリー3

 ほぼ一目惚れ状態で結婚したふたり。
 お互いの夢を語り合っている時は、お互いが光り輝いて魅力的に見えたんでしょう。
 「あなたは、とても興味深いわ」
 エイプリルがフランクに言う言葉。「愛してる」じゃないのが、ミソ?

 日々の生活にうんざりしていた二人。
 ある日、いきなりエイプリルが「パリに行こう!」って言い出すのよね。
 昔話を思い出して、思いついたらしい。
 
332137view011[1]

 エイプリルはフランクを説得してパリに行くことに・・・
 政府関係の仕事をするから!って言ってたけど、経験もツテもないのに、そんな簡単になれるものなの?
 高給らしいし・・・フランス語も話せるのか?って思っちゃった苦笑い
 二人から話を聞いた周りの人はみんなびっくり!!
 そりゃそうだよね、そんな夢物語を言い出して、実行するって言うんだから・・・

レボリューショナリー4

 だけど、二人にはそれが逆に滑稽に見えたらしい・・・
 どうやら、二人とも自分たちは「特別」だって思ってるのよね。
 「特別の存在」で「特別な夫婦」周りの人も誰もがそう言うからそう思っちゃうよね
 
332137view009[1]

 でも、フランクも普通の人。目の前にかわい子ちゃんがいると、浮気しちゃう
 
 あまり書くとネタバレになりそうだから・・・

 あ、結構重要な役どころの人がこの人。
332137view014[1]
 
 不動産屋(?)の息子ジョン・ギヴィングス(マイケル・シャノン)で、精神を病んでるらしい。
 でも、この人にずばって言われちゃうんだよね・・・
 本当はこの人が一番まともだったのかもしれない・・・
 マイケル・シャノン、この人だけがこの『レボリューショナリー~』で助演男優賞をノミネートされてるね。
 
 その不動産屋のヘレン・ギヴィングス夫人がこの人。
172_9071168430.jpg

 覚えあります?
 『タイタニック』で大富豪でローズの母親の友達モリー・ブラウン役のキャシー・ベイツです。
 息子を心配しながらも、息子はインテリだと思っていて、「特別な存在」のエイプリル達と話をさせたくて家に遊びに来ます。

 332137view012[1]

 お隣さん夫婦のシェップ・キャンベル(デヴィッド・ハーバー)と妻のミリー(キャスリン・ハーン)。
 ミリーはなんだかいつも旦那に対してビクビクしてるように見えたなぁ・・・

332137view013[1]

 パリ行きを決めてからの二人は、再び結婚前の情熱を取り戻したかのようにウキウキしていた。
 でも、それが色々な事が重なり、実行が困難になったとき・・・

 レオの演技が光っていたのは、顔をくしゃくしゃにして、エイプリルに罵声を浴びせる時。
 あれぞ、迫真の演技!
 
 エイプリルのような、「自立したい!自分の幸せは自分で!!」って女性には生きづらい時代だったのかもね・・・
 結婚して女性は家庭に入り、男性は外で働く。
 だから、パリに行って「わたしが働く!」っていうエイプリルの夢は理解されなかったのかもね。
  
 でも、エイプリルの行動はわたしには信じられないし、絶対しない!
 そして、フランクも決して言ってはいけない言葉を言ってしまった・・・

 夫婦だからといって、なんでも隠さず言えば良いってものじゃないよね?
 何でも知ってるてのも・・・ね。
 一緒に長い時間いるからこそ、お互いに思いやりが必要だと思う。
 時には嘘をつくことだって・・・でも相手を思っての嘘って許されるんじゃないかな?(勿論、相手にばれないようにね!)

 ギヴィングス氏(リチャード・イーストン)の行動こそが、長年夫婦生活を続ける秘訣だと思ったわ
 「みざる・きかる・いわざる」って感じ?
 あのシーンでちょっと笑っちゃったのは、わたしだけ・・・?


 では、ここで予告編をどうぞ~~







  いつも応援ありがとう
 記事を楽しんでいただけたら、ぽちっとよろしくお願いします。

デリンジャー913 (2)

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ

最近の記事
プロフィール

みすず

Author:みすず
ジョニー・デップとラミン・カリムルーとジェイク・ギレンホールが大好き♪
映画レビューその他日常生活の様々な出来事を綴っています。
写真撮るのも最近大好きです♪

B'z、ロバート・ダウニー・JR、福山雅治、織田裕二、玉木宏もお気に入り♪(要するに気が多い^^;)

初めての方もお気軽に♪コメントお待ちしてま~す^^

なお、こちらで使っている画像&映像の著作権は所有者にあります。

記事に関係のないコメント&トラックバックは削除させて頂きます。
その判断は、管理人の好みによります。

SINCE 2007.08.26

ブログランキング
いつも応援ありがとう♪ あなたの応援がとても嬉しいです!
みすずへのメール♪
最近のトラックバック
eiga.comニュース♪
最新映画の情報をいち早くお届け~♪ ポスターをクリックすると公式サイトへ飛びます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。